ローソンのウチカフェフラッペはストローでは吸えない!?食べ方はスプーンで頂くのを推奨!!

      2017/06/24

スポンサーリンク

コンビニのコーヒーマシンを使ったカフェ作りが盛んになりましたが、
カフェフラッペを取り扱うお店も登場しつつあります。

今回、ローソンの「ウチカフェフラッペ ストロベリーチーズケーキ」を
紹介いたします。

電子レンジで作るフラッペって何!?

この商品は一般のアイスの陳列棚にあり、お客様がレジに
持って行き、レジ会計をします。

電子レンジで温めて半解凍にしてから召し上がるのですが、
店員から温めを薦められますので、すぐに食べたい場合は
お願いしましょう。

もちろん、自宅の電子レンジでも温め可能であり、30秒ほどで
作ることができ、半解凍の状態で食べることになります。

チーズケーキ味なのですが、ベル社のクリームチーズで有名な
kiriを使用しています。

フランスの牧場育ちの牛から搾乳した高品質な生クリームとミルクを
使ってチーズを作り、世界各国に流通していますが、ローソンがkiriを
フラッペに使うのもいい着眼点ですね。

アイスの上にクルトンみたいなスポンジケーキと冷凍イチゴの果実があり、
このスポンジケーキがチーズケーキさを再現しているのですね。

これはフタに付いていた用紙ですが、フラッペの構成を丁寧に
説明しており、最深部もイチゴソースがあるので、最後まで
飽きずに食べれそうです。

容器に水滴が付きますので、用紙をコースター代わりに使っても
いいかなと、ふと思ったりします。

アイスの部分も、クリームチーズならではのクリーミーさがあり、
氷のシャリシャリ感、イチゴの甘酸っぱさもあり、おいしく頂けました。

ストローよりスプーンの方が食べやすい!?

スポンサーリンク

電子レンジで所定の時間温めたのですが、アイスが溶けきれず、
ストローで飲むのは正直厳しいかと思います。

けっこうアイスの塊が残っており、溶けてジュースになっているのは
少しだけでした。

私は購入時、スプーンしか渡されなかったのですが、それでも問題なく
食べることができましたので、店員にスプーンを付けるよう
お願いしたほうが無難です。

カフェフラッペというよりは、カキ氷とアイスクリームを
足して2で割ったような商品なので、スプーンを使って普通のアイスの
感覚で食べてもいいでしょう。

とはいえ、表面がトロッとしたアイスもさらにクリーミーさを
生み出すので、電子レンジで溶かすアイスもいいアイデアですね。

どうしてもストローで飲みたいなら、容器を揉んだり
ストローでかき混ぜるかアイスの塊をほぐすか、電子レンジの時間を
伸ばす工夫が要りそうです。

まとめ

ローソンの「ウチカフェフラッペ ストロベリーチーズケーキ」は
電子レンジでアイスを溶かしてから頂くフラッペです。

クリームチーズを使ったアイスはクリーミーであり、氷のシャリシャリ
食感も楽しめます。

電子レンジで温めてもアイスの塊が意外と残り、ストローで飲むのは
難しいので、購入時は店員にスプーンを付けるよう頼むとよいでしょう。

スポンサーリンク


 - ローソン