クリームブリュレがコンビニでかき氷になった!?BRULEEと比較してみた!!

      2017/06/24

スポンサーリンク

まだ真夏前ですが、かき氷の時期もそろそろ近いですね。

そんな中、コンビニ大手のセブンイレブンではクリームブリュレをかき氷にした『クレームブリュレ氷』を
発売しましたので、「本当にかき氷になの?」と気になったので紹介いたします。

また、オハヨー食品も同じコンセプトでクリームブリュレを高級なアイスにした『BRULEE』も
発売していたので、比較も行いました。

クリームブリュレがかき氷になった!?

こちらのアイスもセブンプレミアムですが、クリームブリュレを
かき氷にした商品の中身を見てみましょう。

氷と言いつつも、少なくともかき氷には見えないです。

正直いうとパッケージがしょぼいと思ったのですが、フタを開けてみると
やはりクリームブリュレとあって、高級感も漂っている気もします。

表面のカラメルは粒状で、ザクザクした食感がこれまた心地よい

それに対し、白いアイス部分はシャーベットのシャリシャリ感がありかき氷の食感に似ていますが、
クリームの滑らかさも併せ持った独特な、しっとりした口当たりですね。

カラメルの苦さもそこまで主張してこないので食べやすいです。

また、アイス部分もカスタード味でコクもありつつ、かき氷の粒で後味もさっぱりしてておいしいです。

中にもカラメルソースが入っていますので、最後までほろ苦さを味わえます。

簡単に言うと、ラクトアイスを1~2割シャーベットにした感じで、
シャーベットの爽快感、アイスのまろやかさ、カラメルの苦さがマッチングしておいしかったです。

かき氷の要素は思ったほどなく、かき氷・シャーベットの食感はけっこう抑えてるかなと思います。

オハヨー食品BRULEE(ブリュレ)との比較

スポンサーリンク

オハヨー食品もクリームブリュレをアイス化した商品『BRULEE』がありました。

同じクリームブリュレのアイスということで比較してみました。

オハヨー食品『BRULEE』の記事については以下をご覧下さい。

アイスクリームのブリュレはパリパリすぎてスプーンが折れる!?本当はクレームブリュレと呼ぶ!?

食べやすさ

食べやすさはセブンの『クレームブリュレ氷』の方ですね。

ロッテが発売する『爽』シリーズより舌触りが滑らかで、かき氷が好きじゃない方も食べやすいと思います。

また、表面のカラメルもチップ状にしたのも、後述にもあるように思い切った方法かなと思いました。

一方で、オハヨー食品のBRULEEはアイスそのものはまろやかですが、
表面のカラメル層は非常に硬く、木のスプーンを使った場合折れるではと心配していました。

クリームブリュレ本来のパリパリ感をここまで再現できたのはすごいのですが、
個人的にはちょっとやりすぎな感じがしました。

いずれの商品にしても、クリームブリュレをアイス化するのには相当難しいのでしょうね。

おいしさ

単純に味だけで評価するとオハヨー食品の『BRULEE』の方がおいしかったですね。

オハヨー食品はきめ細やかで風味もあるおいしいカスタード味でしたし、
あの超硬質なカラメル層もパリパリ感がブリュレらしくておいしいです。

『クレームブリュレ氷』もおいしいのですが、ラクトアイスのせいなのか
クリームの味がやや陳腐だったかなと思います。

ただ、値段がオハヨー食品(324円)の方が上でしたので、コストパフォーマンスと考えると
値段が半分近くのセブンのクレームブリュレ氷(164円)と五分五分
な気がします。

総合評価

味、値段を総合的に考えるとセブンの『クレームブリュレ氷』がおいしいです。

この値段でクリームブリュレの味を再現できたのもプラス評価ですが、
かき氷・シャーベットチックに工夫したのも面白かったので。

もちろん両者ともおいしいですが、クリームブリュレのアイスで再現するにはまだ課題があります。

今後もより食べやすいクリームブリュレのアイスがコンビニで登場するといいですね。

まとめ

セブンプレミアムの『クレームブリュレ氷』はチップ上のカラメルのザクザクしており、
シャーベットみたいな食感のアイスですが、かき氷の食感は抑え気味です。

また、シャーベットの爽やかさ、アイスのまろやかさ、カラメルの苦味がマッチしておいしいです。

オハヨー食品の『BRULEE』と比較してみると、値段やかき氷・シャーベット状に作った面白さ
によりセブンの『クレームブリュレ氷』の方がおいしいと思いました。

スポンサーリンク


 - セブンイレブン