セブンのチーズモナカのアイスの分類は?カロリーは気にしなくてもいい?

   

スポンサーリンク

どうも、夏が近づきアイスを欲するようになった増本です。

アイスといっても様々なものがありますが、森永のチョコモナカジャンボを筆頭に
様々なモナカアイスが販売されています。

今回はセブンプレミアムの『ほんのりストロベリーのチーズモナカ』を紹介致します。

また、モナカアイスのカロリーとアイスの分類の関係についても説明致します。

パリパリのモナカアイスが癖になる!!

商品名を見るとチーズといちごのハーモニーが楽しみですね。

それでは早速袋から出してみましょう。

割るときもパリパリいい音!!

シンプルな外観で、モナカは3等分できるよう溝が入っています。

チョコモナカジャンボのように凸凹ではなく、平べったいモナカです。

溝に沿って割ると「パリッ」といい音がします。

見た目はあまり硬そうでなくスカスカした感じですが、実際はパリパリです。

中を割ってみると確かに淡いイチゴ色のアイスが。

中までぎっしりアイスが詰まっていますので、さすがセブンイレブンですね。

イチゴ味のアイスは甘さ控えめ!!

味の方はイチゴの酸味がおいしく、なおかつすっきりした甘さです。

口どけもやたらいいと思ったらラクトアイスではなく、アイスクリームを使っていたからなのですね。

食べているときはチーズ味はさほど感じませんが後からレアチーズ系の
さわやかな風味
がわずかに香ります。

個人的にはレアチーズの味が好きなので、チーズ味をもう少し濃くしても
問題ないかなと思いましたが、それでも甘すぎずおいしいモナカアイスです。

また、ホワイトチョコレートでモナカ内壁をコーティングしているので、溶けたアイスで
ふにゃふにゃにならず、モナカのパリパリな食感をしっかり保てます

今回のパリパリで甘さ控えめのイチゴのモナカは皆様にもおすすめできますね。

カロリーは高いけど気にしなてもいい!?

スポンサーリンク

本商品のカロリーは273 kcalでありダイエット中の方だとちょっと心配ですよね。

しかし、アイスの分類からすると『アイスクリーム』はダイエット中に食べていい
アイスであり、『ラクトアイス』は逆に太ると言われています。

アイスの分類とカロリーの関係は?

先ほど申し上げたように本商品はアイスクリームに分類されますが、
まずアイスの分類について説明致しますね。

乳固形分15.0 %以上 (うち乳脂肪分が8.0 %以上)・・・アイスクリーム

乳固形分10.0 %以上 (うち乳脂肪分が3.0 %以上)・・・アイスミルク

乳固形分3 %以上・・・ラクトアイス

となっており、乳固形分は水分を除去した後の成分であり、それに含まれる乳脂肪分は
バターやクリームの成分である脂肪分です。

このように、脂肪分の割合でアイスを主に3つに分類できます(実はガリガリ君のように
氷菓という区分もあります)。

乳成分がアイスクリームの方が多いので、一見高カロリーですがラクトアイスは
不足した乳成分を植物性油脂で補っていることが多く、ラクトアイスの方が逆にカロリーが
高くなっている
ことがあります。

また、ラクトアイスはトランス脂肪酸や添加物なども含まれており、健康への影響は
不明であるものの、やはり健康によくないと言われています。

カロリーを低くしたダイエット向けのラクトアイスでない限り摂取は控え、
ダイエット中にアイスを食べたいときは基本はアイスクリームの方を選ぶとよいでしょう。

もちろん両方ともカロリーをしっかり摂取していることに変わりはないので食べすぎは禁物です。

モナカの皮はカロリーは?

モナカの皮の原料は小麦粉や米粉で作られていると思います。

しかし皮が薄い分カロリーもそこまでないので、わざわざ皮を取って食べる必要はないでしょう。

話が脱線しますがアイスを食べるとき、モナカの皮は冷えた舌を温め(体温に戻す)、アイスの味を
感じやすくする役目があります。

ファミレス等でアイスを注文したときにウェハースが添えられていますが、それと同じ役目ですので
モナカの皮も一緒にするとよりおいしく頂けます。

まとめ

セブンプレミアムの『ほんのりストロベリーのチーズモナカ』はモナカがパリパリで
アイスもイチゴ味で、甘さ控えめでおいしいです。

本商品のアイスはアイスクリームに分類しますが、植物油脂を使用したラクトアイスより
カロリーは低いと思われるのでダイエット中に食べるならアイスクリームがおすすめです。

スポンサーリンク


 - セブンイレブン