セブンの生姜焼きは水っぽい!?豚肉はどの部位がいいの?

      2017/06/24

スポンサーリンク

実家で豚の生姜焼きをおいしく頂くことがある増本です。

今回はセブンイレブンの「豚ロースの生姜焼き弁当」を
紹介します。

水っぽい生姜焼き!?

dsc_0305

新発売とのことですが、今までも生姜焼き弁当を売っていたことが
あったので、今回もどんな味か気になります。

dsc_0309

マヨネーズ袋も付いており、生姜焼きにかけて食べれ、
マヨラーにも嬉しい仕様です。

また、玉ねぎ以外に、にんじんやもやし、キャベツなどもあり、
野菜もたっぷりです。

味としては、肉もタレの甘辛さが効いてますし、野菜も味付けもちゃんとしていた
印象があります。

生姜焼きというより肉野菜炒めに近く、野菜をたくさん食べれるのは
普通のコンビニ弁当にないメリットですね。

dsc_0318

しかし、野菜炒めの功罪の「罪」のせいなのか、野菜から染み出た水分で
かなり水っぽくなります。

お肉もべちゃべちゃになり、あまり見栄えが良くないですし、
なによりも、せっかくの肉汁やマヨネーズの旨みが薄まったような気がします。

個人的にはどろどろの濃厚なタレが好みだったので、味も最低限あるとはいえ
肉がしゃばしゃばな感じになったのは気になってしまいます。

豚肉の部位

スポンサーリンク

豚肉が出荷される月齢が牛肉より早く、各部位の肉質は牛肉より比較的均一なため、
料理できる範囲は広いです。

ロース

背中の中央部分にあり、きめ細やかで、適度で旨みのある脂肪が特徴です。

ポークソテー、ローストポークに向いた部位であり、生姜焼き用の豚肉も
ロースの部分が使われることが多いです。

肩ロース

筋肉に脂肪が網状に入り込むように、赤身に脂肪が粗く混ざり、もっとも豚肉特有の風味があります。

ひき肉や角切り、薄切りなど、ほとんどの豚肉料理に使えます。

ヒレ

一匹の肉量の2%しかない貴重な部位であり、脂肪が少なく、味はあっさり淡白です。

トンカツやソテー、ステーキなど、肉の旨みを閉じ込める料理方法がよいです。

ばら

胴部分のお腹側にあり、赤身と脂肪が交互に3層になっていることから、「三枚肉」とも。

脂肪が多く、ベーコンやスペアリブ、さらに角煮などの煮込み料理や炒め物も合います。

もも

後足にあり、筋肉が多いため脂肪が少ない赤身です。

ハムの原料にも使われ、炒め物や煮込み料理にもおすすめです。

うで

前足部分の部位であり、肉質はやや固めで、切り落としやこま肉で加工されます。

豚しゃぶ用の肉で生姜焼き!?

豚しゃぶ用の肉の厚さ

厚さは決まっており、厚さ1mm以下のものをしゃぶしゃぶ用の肉として
販売しているようですが、規定はないとのことです。

しゃぶしゃぶ用で生姜焼きを作ると、肉厚が薄いため柔らかく、焼く時間も
短縮できるほか、タレと絡みやすい上、白ご飯と相性も良いです。

見た目は豚丼っぽくなりますが、生姜の味を強めにしたり、玉ね以外の野菜を
加えると生姜焼きに近くなりそうです。

また、柔らかいので子供も食べやすいのもいいですね。

生姜焼きはロース以外でも作れる!?

小間切れ肉や切り落とし肉は、加工時に生じた切れ端部分であり、色んな部位が混ざる
ことがありますが、それを使うと、豚の脂の旨みも味わえます。

いずれにしても、調理方法を工夫すれば、おいしい生姜焼きは作れますよ。

まとめ

セブンイレブンの「豚ロースの生姜焼き弁当」は、水っぽいが野菜たっぷりで
マヨネーズのコクも味わえます。

生姜焼きに使われる豚肉はロースが多く、生姜焼き用豚肉もあるが、
しゃぶしゃぶ用でも、小間切れ肉でも生姜焼きは作れます。

スポンサーリンク


 - セブンイレブン