ファミリーマートのレモン大福の美味しい食べ方は?粉が落ちて食べづらい?

      2017/06/24

スポンサーリンク

コンビニ食材が好きなコンビニ増本です。

いちご大福が好きで、たらふく食べたい気分の増本ですが、
今回見つけたお菓子がファミリーマートの「レモン大福」です。

レモン大福を買ってみた

DSC_0032[1]

漢字で堂々と「檸檬大福」と売り出しているパッケージです。

ちなみに左には

「檸檬の砂糖漬と果汁パウダーを使用し程よい酸味とさっぱりしとした
味わいのある大福に仕上げました。」

とあり、すぐにカメラ撮影をやめて食べたかったです(笑)

いかにも酸っぱそうな檸檬のイラストを見て、反射神経で唾液が止まらないので
さっそく開封してみます。

大福の見た目は?

スポンサーリンク

鼻を近づけると爽やかなレモンの香りがうっすら漂います。

大福なのでやはり表面は片栗粉でしっかりまぶしています。DSC_0033

ちょっと机が粉まみれになるのは御愛嬌の範疇か?

一袋で3つ入りなので2人で分けるとケンカになりそうな(笑)

気になる味は?

甘味・酸味・苦味のバランス

レモン大福と聞くと、単純に「甘さの中の酸っぱさ」みたいな
先入観が私にはありました。

しかし、甘さや酸っぱさだけでなく、レモン特有の爽快感とか、
レモン皮の絶妙な苦さでバランス
を取っています。

餡の中のレモンの皮!!

DSC_0037また、もちもちの皮の中には黄色い餡が入っています。

先ほどにも言いましたが、この黄色い餡にはレモンの皮も練り込まれており、
ややハードな触感がアクセントになっています。

DSC_0035

袋裏の原材料名を見ると、確かに「レモンピール」があります。

レモンピールとは皮を砂糖漬けにしたお菓子で、皮ならではの
ほろ苦さ
が癖になります。

触感もあんを包む皮の中に、あんの滑らかな舌触り、レモンピールの
食物繊維による歯触りで、食べている人を飽きさせないです。

昔は丸ごと一個の大福だった!?

実はファミリーマートは以前にもレモン大福を販売していた時期が
あり、旧レモン大福は丸々一個の大福が入っていました。

大きな大福を思いっきりかぶりつくようなことはできませんが、
逆に3つに分けた方がじっくり味わえますよね。

爪楊枝で粉まみれを防ぐ!!

DSC_0036

大福自身は重たくないので、手が片栗粉だらけになりたくない人は
自宅で爪楊枝を使えばサッといただけます。

爪楊枝ならゴミ箱に一緒に捨てられるので便利です。

また、容器下にティッシュやいらない広告を敷いておけば、
テーブルも汚れずに済みますよね。

まとめ

ファミマのレモン大福はいい意味で私の先入観を壊してくれたと思います。

大福の甘ったるさもさほど感じないですし、ものすごくレモンが効いてて
酸っぱいという訳でもない、さらに一口サイズで食べやすさもバッチリ、
爪楊枝で頂くと粉まみれにならずに済みます。

そして、レモンピールの硬めの食感がアピールしてくれ、味わいも一層
深まるレモン大福です。

スポンサーリンク


 - ファミリーマート