ローソンビスコの胚芽入クラッカーのカロリーやダイエット効果は ?

      2017/06/24

スポンサーリンク

甘いもの食べ過ぎでお腹も不調の増本です。

今回は、ローソンの「ビスコ ブルーベリークリームサンド」を
買いました。

DSC_0153

ビスコを食べるのは何年ぶりでしょうか。

ビスコのマスコットである「ビスコ坊や」がかわいらしく、
発売してから80年以上経ちましたが、彼が5代目となっています。

ビスコといえば、赤い箱をイメージしますが、ナチュラルローソンの
ビスコは控えめな面立ちをしており、お子様向けというよりは、
大人にも馴染みやすい上品さも感じ取れます。

健康に良い理由

DSC_0156

パッケージ側面には「こだわりのポイント!」の表記があり、
クラッカーには「小麦胚芽」をブレンドしています。

小麦胚芽はビタミンB2・ミネラルEなどが豊富に含まれ、疲労回復、
新陳代謝の活性化などの効果があるそうです。

また小麦胚芽は食物繊維もありますので、整腸作用も期待できます。

気になるカロリーですが、一袋で111カロリーであり、
本家の小麦胚芽入りビスコのカロリーの場合、一袋で
109カロリーであり、大差はないですね。

どうしても小腹がすいてしまう時は一日に一袋だけとか
工夫するといいと思います。

実物を拝見

DSC_0159

ビスコの箱には3つの袋が入っており、その袋を開けると
5個のビスコが詰まっていました。

見た目ですが、本家よりシンプルな形・模様であり、
もちろんサイズも同じだと思います。

DSC_0163

クラッカーを分離すると、中には紫色のクリームが塗っており、
ちゃんとブルーベリーの香りもします。

肝心の味は?

スポンサーリンク

クラッカーだけでもおいしい

クラッカー部分は塩気があって、クラッカー単体でも食べれるほど
おいしいです。

カリカリサクサク食感で、塩味が後からじわじわ来るのがナイスです。

クリームもまた美味

サンドされているミルクですが、ブルーベリーも混ざっているため、
酸味より甘さが打ち勝つようなフルーティーな味です。

甘さは控えめですが、砂糖のシャリシャリ感もあり、
普通のビスコのクラッカーとサンドしてもおいしそうですね。

塩とクリームの相性は大人向け!?

塩ミルクなど、ミルクのコクと塩味が合う食品は多くありますが、
今回のビスコに関しては裏目に出たかもしれません。

というのも、個人的な感覚ですが、ブルーベリーに塩の組み合わせが微妙
だと思いました。

スイカに微量の塩をかけるような感じならまだ分かりますが、
クラッカーの塩気がブルーベリークリームに対して強すぎではと感じました。

ただ、ナチュラルローソンは「健康菓子」をコンセプトにしているので、
甘いお菓子を食べたくない、健康に配慮してる大人の場合、
むしろおいしく感じるかもしれません。

子供には普通の甘いビスコに軍配が上がりそうですが(笑)

まとめ

ローソンの「ビスコ ブルーベリークリームサンド」は
小麦胚芽入りクラッカーでブルーベリーのクリームをサンドしています。

小麦胚芽はビタミン豊富で健康志向のお菓子です。

クラッカーはじわじわ来る塩気と甘さ控えめのクリームは
健康菓子と考えるとおいしいです。

スポンサーリンク


 - ローソン