キーマカレーとドライカレーの違いは?ファミマのカレーパイでパイ生地とカレーは合うの?

      2017/06/24

スポンサーリンク

カレー料理店も行ってみたいと最近思う増本です。

今回はファミリーマートの「キーマカレーパイ」を紹介します。

dsc_0214

「牛肉の旨味豊かな」と書かれ、中に旨いカレーが詰まっていること
間違いないでしょう。

また、電子レンジで温めにも対応しており、よりおいしくなります。

カレーパイのお味は?

dsc_0217

大きめの三角パイ生地ですが、電子レンジで温めた後、
手で持つと意外とふにゃっとします。

パイ生地のサクサク食感を楽しみたいなら、トースターで表面を
カリカリにするとさらにおいしく頂けそうですね。

dsc_0220

カレーも挽き肉の旨みを感じ、ピリ辛なのがいいですね。

ドライカレーみたいなぼそぼそ感と、コクもあるので
パイ生地と合います。

パイ生地はカレーに負けないくらい、バターの香りもしっかりしており、
品のあるカレーパイです。

強いて言うと、パイ生地が強すぎて、カレーの長所も若干つぶれている
気もしますが、カレーの量が少ないのが原因だと考えています。

キーマカレーとは?

スポンサーリンク

インド発祥の料理であり、キーマ(Keema, Qeema)とは
ヒンディー語やウルドゥー語で「細かいもの」、転じて
「挽き肉、細切れ肉」を意味します。

宗教上、インドでは牛肉や豚肉が料理に使われません。

インドでは牛は神聖な動物であり、豚は不浄な動物として
扱われているからです。

そのため、キーマカレーも含め、インドの肉料理では、
マトン(山羊の肉)や鶏肉を使うのがほとんどですが、日本では
牛肉、豚肉を使ったキーマカレーも好んで食べられます。

ドライカレーとは?

水気が少ないか、乾燥したカレーをドライカレーといい、日本でなじみ深い
野菜を煮込んだルーカレーとは区別できます。

そして、ドライカレーは大きく2種類に大別されます。

・挽き肉が主なカレールーを使う料理
(水分量が少ないキーマカレー)

このタイプはミートソースをカレーにしたようなものであり、挽き肉を煮詰め
水分を飛ばしています。

・ご飯とカレー粉を炒めた料理
(カレーチャーハン、カレーピラフ)

こちらは炒めたご飯そのものにカレー粉で風味を付けます。

キーマカレーとドライカレーの違いは?

水分量の違いと材料に違いがあります。

キーマカレーは特に水分量に決まりがなく、汁気のある
キーマカレーも存在します。

ドライカレーは材料に決まりがなく、チャーハンみたいな
タイプもドライカレーの仲間です。

まとめ

ファミリーマートの「キーマカレーパイ」は牛肉のキーマカレーの
旨みとピリ辛、さらにバター風味のパイ生地がおいしいです。

キーマカレーはインド発祥のカレーであり、挽き肉を使ったカレーが
キーマカレーと言い、水分量に特に決まりがなく、汁気のある
キーマカレーもあります。

ドライカレーは水分量の少ないカレーのことであり、汁気の少ないタイプ
(水分量の少ないキーマカレーもこれに属する)や、
カレーチャーハンのようなご飯自体にカレー味をつけたタイプに分類されます。

スポンサーリンク


 - ファミリーマート