ファミマのドライフルーツいちごはおいしい?果物と比較して栄養満点でカロリーも低い!?

      2017/06/24

スポンサーリンク

果物を食べたいですが、一人暮らしなので買うのに抵抗がある増本です。

今回はファミリーマートコレクションとして発売している
ドライフルーツ「いちご」を紹介します。

手軽に果物が食べられる!!

dsc_0031

ファミマにはオレンジやパイナップルなどのドライフルーツがありますが、
私の好物なのでいちごの方を選びました。

dsc_0035

イラストの鮮やかないちごとは程遠い、黒ずんだいちごですが、ドライフルーツ
だから、カメラの写りが悪いからこうゆうものかなと気にしないことに(笑)。

見た目は仕方ないですが、袋を開けるといちごの香りはしっかりします。

食べてみると、濃縮された甘酸っぱさはもちろんですが、水分が抜け肉厚になった
いちごを噛むとき、種を歯でつぶすぶちぶち感が癖になります。

保存も可能で、皮をむく手間もいらないので、手軽に果物を摂取できるのが
ドライフルーツのいいところ。

226726193203426ca6662cdf22bbc046_s

そのままでも十分おいしいですが、トッピングとしてヨーグルトに入れたり、
シリアルに混ぜたものもおいしそうですね。

果物と比較して栄養がある!?

d9e634d2447e1f5b0f58d954ca49751c_s

食物繊維が豊富で、カロリーもそこまで高くない

ドライフルーツは食物繊維が多くあり、よく噛んで食べる必要があります。

顎を使い、満腹中枢が刺激され少ない量で満腹感を得ることが可能であり、
食物繊維は腹持ちが良いので、勉強中や仕事中のちょっとした間食にはうってつけでしょう。

また、カロリーは通常100g当たりで計算され、ドライフルーツだと水分が除去された状態なので、
当然ながら糖度、カロリーは高くなります

ほとんどの果物は80~90%の水分が含まれ、乾燥させると成分もエネルギーも凝縮されるので、
「ドライフルーツはエネルギーが高く太る」といった意見もあります。

しかし、一人前の分量と水分含有量を考慮した場合、ドライフルーツと生の果物のカロリーは
結局同じになりますので、カロリーが高いと思われるドライフルーツでも常識範囲の摂取量で
あればダイエットに差し支えないでしょう。

とはいえ、ドライフルーツの中には砂糖や植物性油が使われることもあるので、
やはり食べすぎは禁物であり、1日の摂取量80kcalを目安にするとよいでしょう。

抗酸化物質、ミネラルが豊富!!

スポンサーリンク

皮ごと乾燥して、皮ごとしっかり食べれるのもドライフルーツの魅力です。

ドライフルーツを代表するプレーンなど、特にブドウ系の色素にはアントシアニンが豊富ですが、
植物が紫外線から守る抗酸化物質として含まています。

これを人間が摂取することで、体内の活性酸素の生成を抑制し、細胞の老化を防いだり、
動脈硬化の予防が期待できます。

また、カリウムや鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛などのミネラル類を補給でき、
美容や貧血、便秘の改善に効果があるようです。

ビタミンが不足してしまう

実はりんごなど例外はありますが、ドライフルーツにするとビタミンCは
そんなに残ってはいません

加工の段階でビタミンは完全という訳ではないですが無くなってしまいますので、
ビタミンが欲しいなら生の果物の方が優れています。

まとめ

ファミリーマートのドライフルーツ「いちご」はぷちぷち食感と甘酸っぱさが
癖になります。

カロリーも水分の量を考慮したらそこまで高くなく、
補助食品として食べるにはダイエットに良いです。

抗酸化物質とミネラルが豊富で、美容など様々な効果がありますが、
ビタミン(特にビタミンC)は加工の時点で失われるのがネックです。

スポンサーリンク


 - ファミリーマート