ローソンのダブルクリームドーナツは冷蔵庫で冷やすもの?コンビニのパンの賞味期限切れは自己責任で?

      2017/06/24

スポンサーリンク

3時のおやつを何しようか、常に悩む増本です。

今回の3時のおやつは、ローソンの「ダブルクリームドーナツ」です。

私はローソンのパンでは一番好きかもしれません。

ねじりパンをカット面にクリームが入っています。

そしてパン表面にチョコレートで線を引く粋な感じも
私は好きですね。

菓子パンだけに、お菓子と食べるにはおいしいですね
(一応ドーナツとして売っていますからね)。

ただ、甘いホイップクリームに油っぽいパン生地が
重たく感じるので、朝ごはんには向いていないと思います。

カスタードクリームも入っていますが、ホイップクリームが
多すぎて、存在感がなくなっている気がします。

この商品は甘ったるさが欠点であり、合わない人には合いません。

冷蔵庫で冷やすとおいしい!?

私は本商品を買う際、たまに冷蔵庫に入れて保管することがあります。

なぜなら夏の時期は、表面のチョココーディングが溶けてしまい、本商品の
もうひとつの欠点です。

真夏に冷房をかけない部屋に置くと、袋の中がチョコでべとべとに・・・
ということがあったため、私は試しに冷蔵庫で保管してみたのです。

冷やすとチョコのパリパリ感も出ますからね。

それにホイップクリームは生ものっぽいので、冷やすと
個人的にはおいしく感じます。

したがって、コンビニの売り場では常温でおいていますが、夏の時期では
購入後は冷蔵庫の保管もおすすめします。

賞味期限が過ぎた食品を食べるのは自己責任!?

スポンサーリンク

加工食品には、消費期限や賞味期限は食品衛生法やJAS法で表示するのが
義務付けられています。

ただし、以下の商品は表示義務がありません。

・正しい保存方法を行えば品質の劣化が極めて少ないもの
(アイスクリームや食塩、はちみつなど)

・そもそも加工食品でないもの(生鮮野菜や鮮魚、米などがあるが
例外もあり)

賞味期限や消費期限の決め方と意味

賞味期限や消費期限は以下の代表的な試験法を行い、製造メーカーが決めます。
・理化学試験(粘度やpH、酸度など)
・微生物試験(菌の数や有害菌の有無)
・官能試験(見た目やにおい、食感など人間の五感で)

消費期限は腐敗や品質の劣化などがない安全な期限です。

これは弁当や生菓子、食肉など、大体5日以内に品質が落ちる食品、
簡単に言うと傷みやすい商品に表示されており、安全のために
消費期限内に食べる必要があります。

一方、賞味期限は商品の味などの品質が十分に確保できておいしく食べられる
期限であり、期限が過ぎてもすぐに食べれない訳ではありません。

賞味期限では、あくまでおいしく食べられる目安といった感じです。

どちらも未開封の状態で保存した場合ですので、開封後は
できるだけ早く消費しましょう。

賞味期限や消費期限切れを食べたらどうなる?

これらの期限は安全のために厳しめに設定されているので、
多少期限が過ぎても食べれないことはありません。

私も1日だけ消費期限が過ぎたパンを食べることがありますが
お腹が痛くなったりしたことはないです。

しかし、消費期限内の食品は安全に食べれることが約束されていますが、
裏を返すと、期限を過ぎた食品を食べた場合、健康被害が及んでも
直ちに製造者に責任が問えないということも意味します。

結局は、期限が過ぎた食品を食べるのは自己責任となるので、
期限切れの食品を食べる際は、消費者の慎重な判断が問われるでしょう。

今回紹介したコンビニの菓子パンも、ホイップクリームを使っており、
傷むのが早いのでできるだけ期限内に食べるといいでしょう。

まとめ

ローソンのダブルホイップクリームは夏場にチョコレートが溶けないよう、
冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめです。

賞味期限や消費期限は安全のために短めに決めているので、期限過ぎの
食品を食べても健康に影響はない可能性は高いです。

ただし、期限切れの食品を食べてお腹が痛くなっても製造者に
責任を問えなくなるので、期限切れの食品を食べるのはあまりおすすめ
できません。

スポンサーリンク


 - ローソン