セブンのパスタで4種チーズは何の種類を使用?クリームソースは牛乳で簡単に作れる!?

      2017/06/24

スポンサーリンク

いまだに青かびチーズに慣れない増本です。

今回はセブンイレブンの「4種チーズのクリームソースパスタ」を
紹介します。

コクの深さを味わえる一品

dsc_0330

セブンのパスタ類は価格の割りにおいしくて、具のボリュームも
あると評判みたいですね。

私もセブンのパスタはハズレが少ない気もします。

dsc_0332

見た感じはソースたっぷりで、焦がしベーコンも乗っています。

温めてたせいなのか、固形のチーズは見当たらず、ほぼソースに
溶けたかもしれません。

dsc_0333

チーズの香りがするクリームをたくさん絡めて頂きます!

チーズのとろみがあり、そこまでシャバシャしておらず、麺と
しっかり絡んでくれます。

4種のチーズの相乗効果のおかげなのか、かなり濃厚なクリームに
仕上がっており、チーズ愛好家にはたまらないです。

使っているチーズの種類は?

スポンサーリンク

チェダー(Cheddar)

cheddar-1398767_640

イギリスのサマセット州チェダー村が原産で、なんと16世紀から作られています。

チーズの中でも世界一生産量が多いハードタイプですので、日本のスーパーでも
手軽に買うことができます。

ホロホロと砕ける組織と爽やかな酸味が特徴ですが、熟成が進んだものは芳醇で
濃厚な味わいとなり、どの料理にも合う万能なチーズです。

生乳にたんぱく質を凝固させる酵素(レンネット)を加え、凝固物に含まれる
乳清(ホエイ)を取り除くことでカード(塊)を作ります。

このカードを何度も練り(チェダリング)、数センチ角にカット(リミング)、
塩を振り掛ける(乾塩加塩)、さらに圧縮することで、長期保存が可能な
チェダーチーズが作られ、ホロホロと砕ける組織もこの製法によるものです。

モッツァレラ(Mozzarella)

イタリアのカンパニア州が原産で、「牛乳の花」とも言われ、熟成させず凝固させた
フレッシュタイプであり、モッツァレラは「ちぎる」という意味です。

見た目がツルツルで弾力があり、ミルキーな乳清が口の中で広がり、加熱したらとろみが
生まれ、糸を引くようなるのでピザのトッピングによく使われます。

他のチーズは熟成により美味しくなる一方、フレッシュタイプは鮮度が命であり、
購入後は早めに食べたほうがよいですが、2~3日以内なら一緒に入った保存液と冷蔵、
それ以降は保存液を捨てラップで包んで保存、加熱調理して溶かすなら冷凍保存でもよいです。

得られたカードに塩、熱湯を加え、練り上げ、こぶし大に引きちぎって成型することで
モッツァレラチーズができます。

本来は水牛の生乳を使いますが、現在は牛乳で作るのが一般的です。

パルメザン(Parmesan)

cheese-1100774_640

イタリアではパルミジャーノ・レッジャーノと呼ばれ、アメリカで英語読みされた
のがパルメザンであり、北イタリアの特定地域で生産される「チーズの王様」です。

長期保存が利くハードタイプであり、数年かけて熟成させるので極めて風味が豊かで
スライスや砕いてそのまま食べてもおいしいですし、料理に加えてもコクが出ます。

parmigiano-reggiano-1574185_640

このチーズは何十キログラムもあるブロックで、アミノ酸の結晶が成長するほど
長期間熟成するため硬質なチーズになり、専用のナイフで切って食べます。

カードを小さく切り分けたものを型に入れ、圧縮して水分を除去、
高濃度の食塩水への浸漬を経て、乾燥させて熟成させます。

イタリアではDOPの規定により、限られた地域、伝統的手法で作られたチーズだけが
パルミジャーノ・レッジャーノと名乗ることができ、最低でも一年以上の熟成が必要で、
数年のものは高品質です。

一般に市販される粉チーズも基本的に同じ製法ですが、DOPの規定とは外れており、
「パルメザンチーズ」という俗称が広く使われます。

カマンベール(Camembert)

camembert-3550_640

フランスのノルマンディ地方のカマンベール村が原産であり、「チーズの女王」と
呼ばれるほど、白カビチーズの代表的なものです。

ブロック表面に白カビが生えたチーズで、中が柔らかいだけでなく、
コクがあり、クリーミーな味わいで、くせの少なさから食べやすいです。

カードをおたまみたいな道具(ルーシュ)ですくい、丸い型に入れ水分を抜いた後、
塩を加えるほか、白カビを表面に吹き付けると、表面に白カビが生えるので
数週間熟成させます。

カマンベールチーズもA.O.Cの規定で、伝統的な製法をした正真正銘のものだけが
カマンベールチーズと名乗ってよいことになっています。

牛乳で簡単にクリームを作れる

チーズでとろみをつける!!

自宅でも生クリームパスタを作りたいときがあると思いますが、生クリームを
買ってまで作るとなると面倒ですよね。

そこで冷蔵庫によくある牛乳を使うのですが、コクとかトロみが出るかどうか
心配になると思います。

しかし、牛乳を入れて沸騰したときにとろけるチーズを入れることで、
簡単にパスタのクリームソースはできますよ。

小麦粉を使った場合の注意点

具材を炒めるときに、小麦粉を振りかけ、粉っぽさが無くなったら牛乳を
投入するとだまになりにくく、滑らかなソースが出来上がります。

牛乳は少しずついれた方が、具材との温度差が少なくなり、だまが出来にくく
なるとのことです。

また、小麦粉に牛乳を少しずつ入れ、均一に混ぜてから、沸騰させないよう
弱火でじっくり煮込む方法もあり、初心者なら失敗しにくいでしょう。

まとめ

セブンイレブンの「4種チーズのクリームソースパスタ」はチーズのとろみと
コクの深さがおいしいです。

4種のチーズには「チェダー」「モッツァレラ」「パルメザン」「カマンベール」
が使わています。

クリームパスタは牛乳とチーズでも作れ、小麦粉を使う場合でも火加減と
均一さに気をつけるとダマになりにくいです。

スポンサーリンク


 - セブンイレブン