ファミマのバターチキンカレーはこぼれやすい?普通のレトルトから大変身する作り方とは!?

      2017/06/24

スポンサーリンク

本格的なカレーを食べたい方も多いと思いますが、コンビニでも
味が秀逸なカレーも発売されています。

そこで今回は、ファミマの『バターチキンカレー』を紹介いたします。

温めたカレーはこぼれやすい!?

赤みを帯びたカレーで辛そうなイメージですが、袋から容器を取り出した際
なんとなく嫌な予感が・・・

なんと、ご飯がカレーの洪水をモロに食らっていました。

お店で温めてもらい持ち帰ろうとしたのですが、熱々のカレーはしゃばしゃばに
なり、ちょっと傾けただけでカレーが寄れてしまいました。

温めると液状になってこぼれやすくなりますが、温める前はゲル状なので
傾けてもこぼれるリスクを減らせます。

したがってご飯とカレーがぐちゃぐちゃに混ぜたくない方は自宅で温める方が
いいですね。

味も本格的過ぎておいしい!!

スポンサーリンク

しかし、ご飯とカレーが混じり見栄えが悪くても、香りも食欲をそそり、
私は全然気にならなかったです。

具らしきものは鶏肉だけですが、玉ねぎとトマトが溶け込んだカレーは
非常においしいです。

ファミマのバターチキンカレーは鶏肉だけでなく、バターのおかげで
カレーにも旨味・コクがあり、スパイスの程よい辛さもありつつ、
甘味も効いてて深みのある味となっています。

普通のレトルトをバターチキンカレーにする作り方とは!?

こういう本格的なバターチキンカレーを自宅でも作りたい方もいらっしゃると
思いますが、材料から作り方までハードルは高そうです。

しかし、普通のレトルトカレーをアレンジすれば、バターチキンカレーに
変身させることができます。

材料

  • レトルトカレー    1袋
  • 鶏肉         1枚
  • トマト水煮      100 g (ケチャップなら大さじ2杯)
  • バター              大さじ2杯
  • ヨーグルト      大さじ3~4杯 (50 gくらい)
  • 牛乳 or 生クリーム   大さじ3杯 (30~40 mL)

作り方

  1. バター1杯分をフライパンで温め、鶏肉を炒める。
  2. レトルトカレーを別の鍋に開け、トマト缶と炒めた鶏肉を一緒に
    入れて、鶏肉に火が通るまで煮る。
  3. 煮詰めたらヨーグルトと残りのバター、牛乳(もしくは生クリーム)を
    鍋に入れ、よく溶けるまで温めたら完成。

工夫次第で自分好みのバターチキンカレーに!!

具の少ない、もしくは具が小さいシンプルなレトルトカレーを使えばより
バターチキンカレーっぽくなります。

ヨーグルトは鍋に投入するのでなく、鶏肉に漬け込むのに使うと
お肉が柔らかくなります。

もっとコクが欲しい場合、バターや生クリームを多めにしましょう。

鶏肉を炒める際、チューブのにんにくでさらに香ばしくできます。

トマトやヨーグルトが酸っぱいなら、コーヒーシュガーやみりん、
はちみつを加えると酸味も和らぐと思います。

しかし、最近はおいしいバターキチンカレーのレトルトも売っています。

普通のレトルトを変身させる労力があるなら、潔くバターチキンカレーの
レトルトを買ったほうがいいかもしれませんね(笑)

とはいえ、普通のレトルトに飽きたけど、まだ余っている状況だったら
試してみる価値は十分ありますし、材料さえあればお手軽ですよね。

まとめ

ファミマのバターチキンカレーはスパイシーでありながら甘味のある、
香り高い本格的なカレーでおいしいです。

温めると液状になるので、持ち帰る際は傾けたり、こぼれないよう
注意しましょう。

普通のレトルトカレーをバターチキンカレーに変身させる方法が
あり、鶏肉やヨーグルト、トマト缶、バターなどの材料があれば
手軽に作れます。

スポンサーリンク


 - ファミリーマート