セブンイレブンの豚焼肉弁当が売ってないのは嘘!?マヨネーズを完全に出し切る裏技が便利すぎ!!

      2017/06/24

スポンサーリンク

セブンイレブンはお弁当がおいしいと定評があり、特に豚焼肉弁当は
リニューアルが続いても人気がありますが、「売っていないよ!!」
というネットユーザーの声を小耳にします。

しかし、私はこの間セブンに立ち寄ると、
『お肉たっぷり!豚焼肉弁当(唐辛子マヨネーズ)』を見つけたので
そのおいしさを皆様にお伝えします。

さらに、割り箸を使ってマヨネーズやソースの袋の中身を
完全に出し切る方法もこちらで紹介いたします。

売ってないのはリニューアルが多いから!?

推測になってしまいますが、単にリニューアルの機会が多く、
店頭で見かけない潜伏期間があった
だけかもしれません。

これも憶測ですが、2016年には社長が変わったので、製造元の
変更等の戦略により豚焼肉弁当に空白時期が生じたかもしれません。

それよりも私にとっての懸念材料がお肉の量ですね。

昔の豚焼肉弁当の値段は400円切っていたはずですが、
今回は400円オーバー(税込み498円)です。

値段を上乗せした分「お肉たっぷり」と謳っている本商品ですが、
リニューアルで肉の量が変に改悪されていないか、そこだけが不安でした。

唐辛子マヨネーズを完全に出し切る方法!!

スポンサーリンク

ところでですが、コンビニ弁当に付属する小袋タイプの
マヨネーズやソースって完全に中身を出すのが難しいですよね?

今回の弁当も唐辛子マヨネーズ付きですが、袋の端っこに
中身が残るとちょっと損した気分になりますよね。

私も指で一生懸命マヨネーズを袋の切り口まで寄せたのは
いい思い出です・・・

しかし、そんな面倒なことはせずとも、割り箸を使った
裏技
なら超簡単に中身を出すことができますよ。

割る前の割り箸を使おう!!

ここで注意点ですが、小袋の開封前にに割り箸を
割ってはいけませんのでお弁当を頂く前に行います。

※割ったらお箸が固定しずらくなり、裏技が使いづらくなります!

小袋を割り箸の間に挟むだけ!!

口を開封したら、反対側に割り箸で挟みます。
割る前でも隙間があるので、そこに袋の端っこを入れましょう。

そのままお箸をスライドさせ、マヨネーズを出口まで
寄せることで中身を出します。

ご覧の通り、ほぼ完全に出し切ることができました。

特別な道具もいらないので非常にお手軽ですよ。

開封するときは広めに切って!!

この裏技ですが、開封口を広めに切った方が裏技が使いやすいです。

開封口が狭いと、マヨネーズが詰まってしまう上、出したときの勢いで
マヨネーズが明後日の方向に飛び散る恐れがありますので気をつけましょう。

マヨネーズの小袋だけでなく、ソースとかレトルトカレー、
シャンプーの詰め替えや歯磨き粉など、まだ研究余地がありそうですね。

味も『simple is best !!』

もう見た目の時点でおいしそうですが、
唐辛子マヨネーズを絡めて豚肉を食べると、豚の脂身とタレの旨味が
合わさり
、これが非常にたまらなくおいしく、癖になります。

また、ご飯もおいしく炊いているので、お肉との相性も
合わない訳がない
ですし、懸念していた肉の量も問題なしでした。

ご飯と豚肉、パスタだけの極めてシンプルな構成で野菜も無く
かなりコテコテですが、漬物ですら余計なものを排除し、
その結果、おいしいかもしれませんね。

それだけセブンイレブンは豚焼肉弁当のご飯と肉に
相当の自信を持っているでしょう。

味もかなり濃くカロリーも高い欠点がありますが、
個人的にもセブンの弁当で一二を争うくらいおいしいと思います。

増本もオススメですので、皆様にも一度は召し上がって欲しいです。

まとめ

セブンイレブンの『豚焼肉弁当』はリニューアルの機会が多いので
店頭から一時期消えることもあるようです。

裏技として小袋タイプのマヨネーズ等には、
使用前の割り箸で挟むと中身をキレイに出すことができます。

野菜や漬物がなくシンプルで、非常にコテコテな豚焼肉弁当ですが、
マヨネーズとタレのコク、さらに豚肉の脂身でご飯が進み、
私もおすすめできる絶品です。

スポンサーリンク


 - セブンイレブン